オフィスレイアウトをご提案するミスター総務。レイアウトプラン作成・お見積は無料です。

ページ内リンク


オフィスレイアウトのミスター総務 > ビジネスにパワーを与えるオフィスづくり > オフィスのコスト削減


オフィスのコスト削減

かつての好景気と違うのは・・・

バブル崩壊後、ほとんどの企業で直面した課題がこのコスト削減。
製造業で言えば、「安く仕入れる・出ていく額を抑える」 ことで少しでも利益を増やして生き残りレースで戦ってきました。
最高益を出す企業が続出する現在、景気は回復基調にあり、事業のための土地や設備、人材獲得への投資を惜しまなくなりましたが、長い不況のせいか磨かれたコスト削減意識は残っています。
“いつどうなるか分からない”心理状態。緊張の糸を切らせない訓示。「カイゼンカイゼン」 、「ムダは敵、競争力低下の元」という徹底振りです。

最高益を出す企業のコスト意識の特徴には下の例があります。

そして

かけたコストが何倍にもなって帰ってくる方法とは

導入した後に比較しにくい、目に見えてこない効果を出すのにはいくつか方法があります。

例1:良いデザインを取り入れる。

エントランスをはじめワークスペースや厚生エリアを洗練されたデザインにすると、企業イメージがUPします。

デザイン→企業イメージUP→広告費削減 自慢できる会社→モチベーションUP→鴨ネギ効果

メリット・効果としては

例2:「変化」を前提とする。

頻繁に組織の変わるオフィスでは、それに伴うレイアウト変更に掛かるコストも馬鹿になりません。あらかじめ増える人員を予測した余りスペースを確保したり、用途変更できるスペースにしておくといった工夫が必要です。また、デスク・電話・LANを動かさず、“人のみが動く”という仕組みにしておけば、オフィスのランニングコストが削減されます。

コスト削減メニュー

日々、進化する技術・設備、常に市場の動向に目を凝らし、自社に合ったツールを発掘。
最小のコストで、最大の満足を
こういった活動は、省エネ・環境保護・ISO取得まで視野を広げることができます。

その他、コスト削減方法は下の1〜4の大項目にほぼ内包されます。
既に実践されている場合でも複数組み合わせることでさらに削減に弾みがつくことが予測されます。

  1. スペース (賃料等)
  2. 購買コスト (消耗品・調達)
  3. 経費
  4. エネルギーコスト

1. スペースの削減 (賃料)

ワークスタイルの変化でスペース削減

2. 購買コストの削減 (消耗品・調達)

3. 経費の削減

4. エネルギーコストの削減

コスト削減策の導入手順

問題把握→情報収集→比較検討(コスト・生産性・導入負担)→試験導入→評価→本格導入 or 見直し・別策検討

オフィスレイアウト・オフィスデザイン・オフィス移転のお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせWEBからのお問い合わせ

用語解説
(*1)e-文書法とは
2005年4月施行。 政府のIT戦略本部が推進しているe-japan戦略の重点政策で、紙での保存が義務だった財務や税務関連の書類・帳票を、電子データとして保存することを認める法律。
(*2)カフェテリアプランとは
自分に必要な福利厚生サービスを選べる、選択メニュー式の福利厚生制度。個人差による福利厚生制度の受益格差をメニュー選択が可能なサービスを提供することにより解消しようというのがカフェテリアプラン。福利厚生の事務作業代行というアウトソーシングが多い。
(*3)コージェネレーションとは
熱と電気を同時に供給することができる熱電併給システムのこと。 ガスやディーゼルなどの原動機を使って発電をしながら、排熱を給湯、暖房、冷房などに利用するシステム。
(*4)地域冷暖房とは
ビル毎に行ってきた従来の冷房・暖房に対して、地域内の建物群の冷暖房・給湯をまとめて行うシステム。
(*5)氷蓄熱システムとは
夜間の安い電力で熱エネルギーを蓄熱槽に蓄え、昼間の空調に利用する。省エネ、経済的、環境にやさしいと言ったメリット。

このページの上部へ