オフィスレイアウトをご提案するミスター総務。レイアウトプラン作成・お見積は無料です。

ページ内リンク


オフィスレイアウトのミスター総務 > レイアウトのチェックポイント > 基準寸法集


レイアウト基準寸法集

オフィスレイアウトを計画する際の基準となる寸法集をまとめました。
例えば、デスク間の間隔やメイン動線となる通路幅の基準値など、図解によって人がすれ違える寸法を解説します。デスクとデスクの間ってどのくらいあればいいかご存知ですか?挿絵つきでわかりやすく解説していきます。ぜひご確認ください。

デスクとデスクの執務スペース

背中合わせの人と人の間をぶつからないように注意深く通ったというような経験はありませんか?

デスクとデスクの執務スペース

通路とデスクの執務スペース

来客の多いオフィスなど、人の動きが激しい執務スペースではゆとりのある通路設計が重要です。

通路とデスクの執務スペース

デスクとデスクの通路スペース

ワーカーの動線をどのような条件で確保するかが、快適なオフィスレイアウトの要。

デスクとデスクの通路スペース

両開書庫とデスクの執務スペース

誰かが書庫の扉を開けている時、用事が済むまで黙ってじっと待っている…あなたのオフィスはそんな負担を、社員に強いてはいませんか。

両開書庫とデスクの執務スペース

パーティションによるテーブル・チェアと通路スペース

イスに座ったまま休息姿勢をとる人が、標準的に必要とするスペースは600mmです。

パーティションによるテーブル・チェアと通路スペース

会議テーブルレイアウト

通り抜けが不要な場合の最小の間隔で600mm、定員にゆとりのあるレイアウトなら900mmを目安に、並べていくことが基本です。

会議テーブルレイアウト

応接セット

大切なお客様をお迎えする応接は、最もゆとりをもって設計されるべきスペースであるといえます。

応接セット

通路と歩行

通路ひとつとっても、作業動線と企業イメージのアップにもつながる快適性、消防法による避難通路確保の3つの課題に配慮する必要があります。

通路と歩行

コピーコーナー

コピーをとる人のために必要なスペースは450mm。またコピー機の脇を通り抜ける通路を確保するなら600mmと、余裕をみる必要があります。

コピーコーナー

 

オフィスレイアウト・オフィスデザイン・オフィス移転のお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせWEBからのお問い合わせ

このページの上部へ


お問い合わせ

オフィスレイアウト、オフィスデザインに関するお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせWEBからのお問い合わせ
  • ご利用の流れ
  • FAQ